新バンド結成?(顔あわせ)

2014.10.08(Wed)


アジアン・カンフー・ジェネレーション "ループ&ループ"




その夜は大雨でした。台風がすぐ近くまで接近していて、翌日午前が上陸の予想。
初めて会うメンバーのためにちょっと早めにスタジオに到着した私。
幸い、機材を運び込むときはすこしだけ雨は弱まってました。


この日、私が持ち込んだのは2本のストラトキャスターとボグナーのアンプ。いつもはギター1本で済ませているのが、今回はオープンGの曲があるので2本。久しぶりのスタジオに心が躍る。ワクワクしている。


最初に来たのは同じ職場のY。スティックと楽譜を持って登場。いつものパンツルックではなく、ボーイッシュなTシャツにオーバーオール!なんでも3年ぶりの生ドラムらしい。さらに今回はイメトレだけ!楽しみにしているのが顔に満ち溢れていた。続いてベースを背負って登場したのがM。始めまして、と挨拶する。カーディガンにジーンズのスカート、指にはキラキラのネール!とてもベースを弾くなんて思えない。


すこし送れてボーカル、ギターのG君が登場。さあメンバーが揃った。
私以外は軽音出身、でも私だってこの日のために猛特訓してきた。負けないぜ。この日の課題曲は以下の4曲。

1.斉藤和義 「ずっと好きだった」
2.斉藤和義 「やさしくなりたい」
3.斉藤和義 「Hello! Everybody」
4.アジカン 「ループ&ループ」


演奏スタートしてびっくり!正直、あせってしまいました。上手い!
私は生ドラムに慣れていません。ジャストなデジタルドラムでしか経験がありません。しかもベースは着実についてくる。自分がいっぱいいっぱいになってる。ここまで追い詰められるとは。。。


「Hello! Everybody」と「ループ&ループ」はノリノリ、おかげで筋肉痛になりました(笑)。
こんなに熱くなっての演奏は久しぶり。音域のかぶりやエンディングの際のドラムサイン、マニアックな会話が飛び交い、それはアーティストのリハーサル風景のようでした。そうか、皆軽音出身、演奏にストイックなんだ。


練習後、食事に行きましたが、ここでは普通の女子トーク。みかけによらないとはこのこと。しかし、それぞれの課題は認識している。


「次はもっと仕上げてきます」
「次、やる?」
「ハイっ!」





彼女たちはジャーニーやボストンをまったく知らない世代。
若い人たちと演奏することは楽しいですが、それ以上に楽しかったのは世代を超えて音楽談義ができたこと。こんなことがあるなんて、ギターやってて良かった。同世代のG君と喜びあうのでした。

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

keiz

Author:keiz
仕事ばかりじゃつまらない。
週末は楽しみがいっぱい。
洋楽をBGMに素敵なひとときを。。。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2カウンター

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。