DTM "Soon"

2014.06.30(Mon)


技術の進歩とは恐ろしいものです。

1981年に発売された高中正義のアルバム「虹伝説」。この中の1曲がどうしても弾きたかった。耳コピーすればいいんだけれど、なんてったって、当時はオケなんてなくて、ドラムマシンやシンセを駆使して作るのですが、当時これくらいのことをやろうと思ったら何千万円もかかってた。いや、出来なかった、といったほうがいい。ところがいまやYouTubeで検索すると、こんなマイナーな曲を弾いてる人が何人もいて、しかもバッキングトラックまで作ってる人がいる。苦労して楽譜は手に入れ、まちがいだらけには閉口したものの、当時より耳コピーは格段に進歩したし、YouTubeに参考プレイはたくさんあるし、思ったよりも早く完成しました。


今回もギターはTokaiのLS-120。高中といえばコンプを効かした音が特徴ですが、いかんせん私はコンプの使用が苦手なもので、ずいぶんと違う音になってしましました。さらにリズム感の悪さはどうしようもなく、まあ、それは味わい、ということで勘弁してください。私としては33年前に弾きたいと思った曲が出来ただけで十分幸せな気持ちに浸っています。


"Soon"


オケはken162355さんのものを使用させていただきました。この場を借りて御礼申し上げます。
YouTubeの高中ファンの人たちは皆使ってますね!凄すぎです。
https://www.youtube.com/watch?v=GZE_T6T7RnU
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

ギターマジシャン #-

懐かしいです

自分は、keizさんとは違って(?)、一時期、高中正義にはまっていたので、このアルバムも聴きこんだうえに、CDで買いなおした数少ないアルバムでして、すごく懐かしく、完コピ演奏を拝聴しました。

高中の曲は、裏で入るタイミングが難しかったり、単純なペンタトニックのようで、妙に指使いがひねってあったりするので、苦手なのですが、keizさんの演奏は、かなり本物にせまっていて、音色も見事だと思います。

イントロなどで聴かれる、オクターブ奏法のフレーズがすごく好きで、同時期の「ウーマン・ニーズ・ラブ」に似ているし、岩崎宏美の70年代のLPに入っていた、「カンバセーション」で、松原正樹あたりが弾いたフレーズにも似ています。

オケのクオリティがすごくて、本当、バッキングトラックは、DTMの達人からの贈り物の宝庫ですね。

2014.06.30(Mon) 01:04 | URL | EDIT

AKI #-

力作

Soon、力作聞かせて頂きました。
TokaiのLS-120、ハイトーンが滑らかでいい音してますね。
薄くコーラス掛けているのかな?
確かに、このオケは凄い。YouTubeに沢山アップされているし。
こんな音源バックに、ギターを弾きまくれるなんて、
今の若者はもう少し苦労をしないといけない‥‥
(おっと、オヤジモードになってしまった。)

高中のギターは、この年代なら好むと好まざると皆聞いていたと思います。
私は結構好きでした。
実は、初期の頃の、ストラト+コンプ時代の音が一番好きなんです。
ハーフトーンでのカッティングとか。
また、力作待っています。

2014.06.30(Mon) 21:38 | URL | EDIT

keiz #e6mArcUg

ここに来て下さっている方の中でも最も恐れている二人のGuitar Masterから
コメントをいただき、喜んでいいのやら、恐縮するのやら・・・(^^;



>ギターマジシャンさん

ご無沙汰しています。高中はコピーするのは3回目で、ブルーラグーン、アロ
ーン、そしてこのSoon。確かにときどき現れるペンタトニックからハズした
指使いに苦労するのです。そして入りどころも。この曲も簡単だろう、と思っ
て始めたのですが、意外とむずかしかったりします。この曲では後半のリア
ピックアップの部分が、まさに速いメロディと裏で入る、の応酬で、かなり苦
労しました。

でも、やっぱり高中らしく、ギター小僧たちはコピーしてて楽しいのです。



>AKIさん

以前にSGのことをあまりよく言わなかった立場上、あまり変な音では恥ずか
しいと思っていつつ、やっぱりライン録りならではのコシのない音になってし
まいました。最初はコーラスをかけてやってましたが、Cubaseの中にクローナ
ー、というエフェクトがあって、簡単に言うとハーモナイザーみたいなエフェ
クトを使用しています。コーラスより線が太い、というか。

ストラト+コンプ、そしてカッティング、といえばやはりブルーラグーンでし
ょうか。あのカッティングはちょっと敷居が高いなぁ。。。



>お二人へ
あまり深い話は本文では避けましたが、苦労ポイントとしては、1番が終わった
ところで「ふぅ~~、うっ」というボイスと、それを追っかけるシンセのおっか
けのところがあります。オケではボイス部分がないので、このボイスを自分の
声でやるかシンセでやるか、かなり悩みました(笑)。実際はシンセのヒュー
マンボイスでエコー等を駆使しました。耳コピーポイントだったりもします(笑)

2014.06.30(Mon) 22:59 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

keiz

Author:keiz
仕事ばかりじゃつまらない。
週末は楽しみがいっぱい。
洋楽をBGMに素敵なひとときを。。。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2カウンター

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。