ナモナキラクエン

2014.06.28(Sat)


Hikaru Utada "Beautiful World"




「ナモナキラクエン」 小路幸也



最近は本屋さんのコメントが面白そうなものをチョイスして選んでいますが、どうも流行に流されているようです。傾向として軽いのが多い、っていうか。ま、それはそれで面白いんですけどねー。


感想(ネタバレあり)
「楽園の話を聞いてくれないか」といいかけてお父さんが亡くなり、残されたのは子供4人と父からの手紙1通。そんな紹介文です。一貫して穏やかな風か流れているように感じるし、どのキャラクターも好感が持てます。ただ、それぞれの親がそうであるように、人生はそんなに楽じゃない。自分にピッタリとくる相手と出会うことのなんとむずかしいこと。これほどまでにいい人たちで構成されたコミュニティを私は知りません。だから楽園なのかな。ラスト20ページの衝撃はサンがお母さんと会った後のはるかの言葉と照らし合わせると面白いです。


ところで、この話の途中で出てくる車、モーリス・マイナー・トラベラー、調べてみました。
book005.gif


う~ん、イメージピッタリ、ですな。


関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

keiz

Author:keiz
仕事ばかりじゃつまらない。
週末は楽しみがいっぱい。
洋楽をBGMに素敵なひとときを。。。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2カウンター

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。