スタジオ練習

2014.04.20(Sun)

Daryl Hall, Todd Rundgren "Can We Still Be Friends"




今日は音楽仲間の集う日。


3月の終わりに左手に強烈な痺れがおこり、ギターを弾いていられないくらいの状態に。医者に行くと、頚椎のヘルニア、疲労による一時的な症状、いずれかは不明とのこと。ゴルフに行けないのは我慢できるけれどギターが弾けないのだけは簡便して欲しい。


今回の練習曲はあらかじめ斉藤和義の「ずっと好きだった」「やさしくなりたい」の2曲と皆で決めていました。嫌いではないですが、覚えるために早速MIDIをダウンロード(もちろん違法じゃない正規のものです)、ドラムオケを作りました。幸いにもギターパートは技術的にはどうってことのない二曲だったことが救い。ギターが弾けないので、曲を覚えることだけに専念していました。懸命にリハビリにも通いました。転勤前後の多忙な中でもほぼ毎日。そのせいか、当初の痺れからは開放されつつありますが、まだ人差し指の指先には痺れが残っています。


ずっと感覚がなかったので、練習するのはラスト1週間が勝負と決めていました。最初の頃は感覚がないほどだったものが、徐々に痺れが弱まり、コードくらいは抑えられるくらいにはなりました。本業が多忙だったこともあって、昨晩のみの一夜漬けでしたが、念入りに練習。本番ではどうにか他のメンバーに迷惑はかからなかったとは思うのです。ホッと安堵。


さて、新メンバーのG君が加入して数回目。徐々にG君も雰囲気に慣れつつあります。逆に慣れなくなっているのは私。急速に邦楽寄りになっています(笑)。洋楽好きな私としては知らない曲ばかりです。つくづく慣れ親しんだ音楽の土壌の違いを感じています。

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

keiz

Author:keiz
仕事ばかりじゃつまらない。
週末は楽しみがいっぱい。
洋楽をBGMに素敵なひとときを。。。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2カウンター

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。