真昼なのに昏い(くらい)部屋

2010.05.30(Sun)

好きな作家といえば、村上春樹氏ですが、もう1人、江國 香織さん!。先日、滅多に行かない本屋の新刊コーナーに行きました。もちろん狙いは「1Q84」(BOOK3)。と、同時に江國 香織さんの「真昼なのに昏い(くらい)部屋」が置いてありました。えっ、新刊出てるんだ・・・。帯がまた悩ましい。「人妻は物を感じちゃいけないなんて法があるかしら」~せめて、きちんとした不倫妻になろう~。そそるでしょ?で、購入。やっぱりこの人の作品はいいですねぇ。自分の感性にぴったりくるものがあります。

ekuni.jpg

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

藍色 #-

こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。

2013.01.11(Fri) 17:42 | URL | EDIT

POST COMMENT


TRACKBACK

「真昼なのに昏い部屋」江國香織

せめて、きちんとした不倫妻になろう。 満ち足りているはずの生活から、逃れようもなくどんどんと恋に落ちていく。 恋愛を、言葉の力ですべて白日の下にさらす、江國作品の新たな

2013.01.11(Fri) 17:14 | 粋な提案

プロフィール

keiz

Author:keiz
仕事ばかりじゃつまらない。
週末は楽しみがいっぱい。
洋楽をBGMに素敵なひとときを。。。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2カウンター

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。