All Around Me

2013.10.02(Wed)

BAHO "All Around Me"



すっかり秋めいてきました。

スポンサーサイト

Little Wing

2013.10.03(Thu)


Stevie Ray Vaughan "Little Wing"



私がこの曲を知ったのはJeff Beckの演奏でした。

もともとはJimi Hendrixの曲ですが、実に多くのギタリストがカバーしています。Jeff Beck、Eric Clapton、Stevie Ray Vaughan、John Mayer。。。

で、あれこれ聴いてみると、それぞれあまり深くアレンジすることなく実に原曲に近い形で演奏されていることがわかります。そんな中で、Stevie Ray Vaughanのカバーは良かった。インストというのもびっくりだし、ギター音はめっちゃエッジが効いてるし、聞き惚れてしまいます。

で、今回のDTMはこの曲にチャレンジしようと思っています。曲が長かったり、異様な速弾きがあるため、若干短くする予定です。

オフ!

2013.10.05(Sat)


Pegasus "Spain"




気が付いてみたらすっかり秋になりました。

最近は仕事が多忙で、終日何もない休みがありません。
そんな中、木曜日は振替休日、まったくのフリーでした。

朝はまずガラガラのネットカフェで、今日一日の計画を練ります。
その後、デパートで手土産のお菓子を買って。。。

いざ。久しぶりに岐阜県まで一人ドライブ。ロードスターをオープンにして、高速道路も使わずに、山道を走っていると実に爽快。この短い季節を堪能しなきゃね。

目的地は岐阜県瑞浪市のある料理屋さん。ホールインワンの際、初対面の私のために、ここのご夫婦に大変お世話になりました。ずっと気になってて、今日はその挨拶です。アポもとっていませんが、とても気のいい方なので、おそらく事前アポなんかとろうものならお断りされてしまいます。お世話になった奥様は不在でしたが、ご主人に御礼。ゴルフ談義は早々に、私の乗っていったロードスターに話は集中。大の車好きな方でした。しっかり御礼を申し上げ、気分もすっきり。

次は名古屋です。目的はオイルマッサージ(笑)。アロマの効いた暗い個室に案内され・・・。ふぅ~、癒される。。。あっ、へんな想像はしないでくださいね(笑)。少々お高いのですが、グアムよりはリーズナブルなので、ずっと前からねらっていました。今年の夏、ゴルフで酷使した下半身(笑)を中心にやってもらいました。なんか、変な方向にどうしてもいっゃうなぁ(^^;

すっかり身も心もリフレッシュしたところで地元へ。そのまま床屋さん。最後は頭をリフレッシュしなくちゃね。ここの店主は音楽好き。平日夕方で私一人。音楽に話が集中しすぎて、カットがいつもより短くなってた!(笑)

その後、ゴルフの練習場。ってオイ!

オフの過ごし方としては100点でした。


写真は記事内容と関係なく、別の日に撮影したものです。

このブログのこと

2013.10.07(Mon)


Steely Dan "Any Major Dude Will Tell You"




【基本コンセプト】
何年後かに、自分が読んで懐かしく思えるような絵日記を目指しています。


【テキスト】
ブログで最初に行うのがこの作業。毎回ネタを探すことと、テキスト化するのに必死です(笑)。ときおりお褒めいただくことがありますが、実はかなり時間をかけています。とにかく初校は書きまくり。書いたあと、文章表現や前後感とか、何度も読み返して、校正します。コツは削ること。2割~3割減らすとスッキリとして読みやすくなります。学生時代、国語が大の苦手科目だったのですが、この作業を繰り返すことで、ずいぶんと勉強になった気がします。


【写真】
写真はほぼ自分で撮ったものしか使いません。ド素人のカメラマンですから、何十枚も撮って、その中からいいものを選択し、その写真をPhotoshopで加工しています。加工の内容は、余分な部分の切り取り、コントラスト、色合い等。横幅は450ピクセルに統一していますが、記事との関係で小さいものを使用することもあります。




【冒頭YouTube】
必ず記事の前にYouTubeが貼ってあります。好みの如何にかかわらずポチッとしていただきたい。これは記事内容とリンクして選曲しているのでBGMと考えて欲しいのです。文章表現が苦手故に、BGMで盛り上げていただきたいのです。

曲の選択はかなり苦労しています。もともと洋楽知識が乏しいうえに狭い範囲でしか聴いていなかったので。曲が決まるとテキストと合わせて聴いてみます。いい曲でもマッチしていなければボツ。もともと暗い曲が好きですが、BGMとしては明るい曲がマッチしやすく、おかげで探すのにネットサーフィンすることが多々あります。

YouTubeの動画はたくさんありますが、アップロードされて年月を経たものを選ぶようにしています。これは削除される確率が低いというのが理由です。昨今、映像は大きくなっていますが、写真と同様、横幅450ピクセルに統一しています。


【更新頻度】
目標は1日おきですが、仕事の関係上、4日くらい放置されることがよくあります。お気づきの方もいるかもしれませんが、正月、GW、盆休み等、世間が長期休暇モードのときは頻度が高くなります。これはアクセス数が高くなるので、その御礼と、記録更新のためだったりします(笑)。


【リンク】
リンクフリーです。FC2の方は訪問足跡が残るので、必ずチェックしていますし、そこにリンクされていれば私もできるだけリンクするようにしています。またリンク先には定期的にお邪魔するようにしています。過去にリンク先の方から中傷を受けたことがあり、このときは解除させていただきました。ちなみに私がリンクしたいと思うブログは更新頻度が高く、テキストが充実しているところです。


【拍手ボタン】
気にしていないようで、実はとても重要視しています。多いときは素直にうれしいのですが、拍手が少ないと、その記事や音楽は人気がなく、次回以降の更新時の参考にします。あくまでも参考です。たとえば更新が滞っているときは拍手が溜まって多くなりがちですし、頻繁に更新するときは拍手は少ないものです。また、ある邦人アーティストのときは人気がないのですが、その良さを知って欲しいと考えて、意図的に多く登場させてたりします。

私自身も皆さんのところにお邪魔するとき、できるだけ拍手でお応えするようにしているのですが、よく忘れたりもします。やっぱり参考程度なのかな。


【今後】
できるだけ続けたいとは思っているのですが、この1年ほど、好きだったブログが閉鎖されたり、休止したりする中、すこしモチベーションが下がっているのは事実です。リフレッシュする意味でも休暇は必要かもしれませんね。

女性店員

2013.10.08(Tue)


Daryl Hall & John Oates "Maneater"




万年筆ごときに大枚をはたいて買うのはアホだと思っていました。


1年前に買ったパイロットの廉価万年筆プレラは私に字を書くことの楽しさを教えてくれました。廉価万年筆ですら相当な満足を持って使用しているのですから、これから数年使用していくのなら海外製だって決して無駄ではありません。10年間、支給品のボールペンを我慢して使うのなら、10年間楽しく字を書きたい。減価償却したって安い!


ちょうど臨時収入があり、私は意を決してKD・に向かいました。有名な文具のお店です。ショーウィンドウに飾ってある海外の高級万年筆から2本を選びました。「すみません、コレとコレ、見せて下さい」

上:Pelikan Souverain Black/Green
下:Pelikan Souverain Green O' Green


若い女性店員は快く「少々お待ちくださいね」と笑顔で応対。どうやら先輩店員を呼びに行った様子。万年筆はデリケートな筆記具ですから、海外製品とあらば専門知識を持った先輩に、ということなのでしょう。


現れたのは30代と思しき女性店員。お客様対応は苦手、どちらかというと職人気質のような雰囲気。試し書きのためにインクと紙を用意してくれました。ところが、その説明たるや、「これは高級品、本当に買う気があるの?ないのならやめてくれない?」と言わんばかり。


このスーベレーンシリーズは過去に世界の万年筆人気投票でペン・オブ・ザ・イヤーを獲得しているのだとか。2本の書き味はほぼ同じ。違いは軸部分の細工。シャープなBlack/Greenと工芸品のようなGreen O' Green。甲乙つけがたいです。店員にいろいろアドバイスをもらおうと思うのですが、この女性店員の冷たいこと。


「この価格は定価と思いますが、この値段ですよね?」

「当然です」ムカッ!

さらに私の後ろにお客が来たら、そちらと話しだしました。試し書きしている私はずっと放っておいて、調べものをやりだした。ムカッ!


試し書きした2本を放置して、他の店員に「あれ、もういいですから」とお断りし、その場を後にしました。3万円~4万円の商談は小さいかもしれませんが、この女性店員はビジネスチャンスを失いました。

プロフィール

keiz

Author:keiz
仕事ばかりじゃつまらない。
週末は楽しみがいっぱい。
洋楽をBGMに素敵なひとときを。。。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2カウンター

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。