たまにはいいじゃない

2011.10.01(Sat)


Suede “My Dark Star”



おいしい料理店や飲み屋さんをみつけると嬉しくなりますね。
今宵紹介するのは近所のお寿司屋さん。回転しないお店、です。

私の住んでいる街は人口こそ少なくはありませんが、工業地帯なので、飲食店は地味。高級店は滅多にありません。老舗もありません。ひたすらチェーンの飲食店。早くて、安くて、味もそこそこ。でも、正直おいしくもない。

そんなところにあるこのお寿司屋さん、主な利用のされ方、といえば、予約の宴会、食事会と出前。飛び込み客はあまりみかけません。家族皆がお酒の飲める年齢になった(実はそのすこし前からです)ので、車じゃなく、歩いていける食事処(もちろんお酒も)へ行こう、というのがそもそものきっかけ。

お寿司屋さん、っていうと、「高い!」っていうイメージですが、実はそんなこともありません。ピンからきり。この日はサザエのつぼ焼き、ジャンボ海老フライ(特大!)、魚フライ、焼き魚(サワラ)、刺身盛り、茶碗蒸し、寿司。わさびは本物わさび。自分たちですりおろします。デザートは大将の差し入れ。肴がおいしいのでアルコールもしっかり飲めます。すべて人数分頼んだわけではないですが、腹いっぱい、酔っ払って、支払ったのは居酒屋なみ(4,000円/一人)。お店の方とのやりとりも楽しいし、ときにはこういうお店もいいなと。



この日のヒット、サザエのつぼ焼き。

sushi2.jpg
刺身盛り。渡り蟹のおいしいこと。ミソたっぷり。写真ではわかりずらいですが、中トロ、鯖、イカ、ホタテ、とり貝、その他数種、毎回バラエティに富んでいます。

sushi3.jpg
我が家は上寿司が苦手なので経済的です(笑)。

スポンサーサイト

ズッキーニ

2011.10.02(Sun)


Lisa Ono “My Cherie Amour”


嫁と娘はショッピング、息子は友だちと出かけた。私は朝から取引先の訃報が入ったりして、弔電の準備や10km以上先の取引先へ香典を届けに行ったりバタバタ。その合間をぬってFOXドラマとエアロビに狂ってた。

FOXドラマ「Bones」season5 9話~12話
FOXドラマ「glee」season1 11話~14話
エアロビクス 中級クラス(11:30~)
エアロビクス 中級クラス(21:00~)

夕食準備のことで嫁と険悪なムードになり、「じゃ、いいよ、作るから」
速攻で買い物に行って、20分で完成。ま、手抜きなんですが、彩りはいいでしょ。



手前中央:ズッキーニとアスパラのオリーブオイル炒め
右上:シャウエッセン
左上:トマトとモッツァレラチーズのカプレーゼ

日曜はまた仕事、これくらいの1日じゃないともの足りない。。。

W君

2011.10.03(Mon)


Basia “Drunk On Love”



今日は休日出勤。いっしょに出勤するW君は10歳ほど年下ですが、妙に話が合います。特に、休日は普段着で出勤するので、その出で立ちについて盛り上がります。以前、真夏に出勤したとき。仕事内容は比較的厳格な業務であったにもかかわらず、お互いTシャツに短パン。お互いに超リラックススタイル!会った途端大笑い(うちは銀行ですから)。そしてそれぞれの出で立ちについて説明しあいます。

今日、W君に会った途端、またまた大爆笑。特に下半身。

20111002_1.jpg

右が私、左がW君。同じような色のズボンにおなじような靴。特に靴は銘柄まで同じ。
右がClarks Wallabee、左がClarks Lugger。色は同じのMaple Suede。
今日はClarks談義に花が咲きました。Clarksは比較的高級なメーカーですが、大バーゲンで買ったということ、靴好きで何足もあるけどこの靴を履くのはめずらしいこと、あまり履かない理由としてズボンに合わせにくいこと、よごれを落とすのが大変なこと、すべて同じ(笑)。ちなみにサイズも同じ。帰りに記念写真とらせてもらいました。

ボサノヴァ

2011.10.04(Tue)


Matt Bianco “Ordinary Day”


ボサノヴァ、いいですよね。
お洒落で、大人の音楽、って感じです。

どうして大人っぽく聴こえるんでしょう?
ちょっと考えてみました。

私の勝手な推測ですが・・・

【理由1】リズムがドラムじゃなくてパーカッション中心になります。ズドン、スタン、じゃなくて、ポコポコ、シャカシャカって感じです。このことでリズムの抑揚が平坦になり、ナチュラル感が増します。

【理由2】コードが不協和音
使われるコードはちょっと変則なコードが多いです。普通のコードにちょっとはずれた音を入れることで不安定にしています。このことが浮遊感につながり、ちょっとアンニュイな感じになります。

【結論】物事、白黒はっきり、ってタイプには向かなくて、なんとなくこんな感じ、グレーでいい、って感じの曲作り。結局それが大人っぽく聴こえるのかと。

おまえ、今日の更新は手抜きだろっ!
あっ、わかりました~?(笑)
ということで、お後がよろしいようで。(よろしくないっ!)

事情

2011.10.05(Wed)


gleeを見ていたら懐かしい曲に出会いました。

Madonna “Papa Don’t Preach”
できれば半分以上聴いてから本文を読んでね!



パパが裏家業で殺し屋の元締めをやっているかどうかは別として(笑)、久しぶりに聴いてみて「ん?」







私、Rebeccaの大ファンです。
歌詞を見ていても、パパとママの違い。ストーリー性も同じ。さらにアレンジもそっくり。音もそっくり。ここまでくると、ね・・・

これだけ似てりゃ、どこかでも騒がれてたんだろう、と思って調べたら、あちこちにこの話は取り上げられていますね。これはまちがいなくクロでしょう。

当時のRebeccaはバンドとしては解散直前、発売したアルバムPoisonはRebeccaにしてはやっつけ仕事のように感じていました。冒頭2曲がすべて、みたいな・・・。キーボードでリーダーであった土橋安騎夫氏も当時の雑誌インタビューでアルバム制作が難航していて、冒頭2曲で苦しんだことを語っていましたが、今、あらためて聴くとなんとなく複雑な事情があったのでしょうね。

というわけで私はglee verが好きだったりします。

プロフィール

keiz

Author:keiz
仕事ばかりじゃつまらない。
週末は楽しみがいっぱい。
洋楽をBGMに素敵なひとときを。。。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2カウンター

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。