Carol King "It's Too Rate"

2011.08.02(Tue)


久しぶりのDTM。Carol Kingの”It’s Too Rate”。

[VOON] It's Too Late

Carol Kingの世界を教えてくれたのは私たちのバンドに数ヶ月だけ加入していたドラ娘だった。ドラム担当と言いながらJazzピアノもボーカルもとんでもなく上手かった。いろんな事情があって彼女は結局バンドを辞めた。一回り近く年下のくせしてとんでもなく渋い音楽を残していった。

数年後、ホテルのラウンジのライブで外国人の女性ボーカルと男性ピアニストがこの曲を演奏していた。しびれるほどの雰囲気と声。思わず聴き入ってしまった。あくまでもBGM的に流れていたために、まともに聴いていたのは私くらいだと思う。演奏終了後お礼を言われた。

この曲は以前にバンドでも取り上げたけれど、うまくいかずにやめた経緯がある。そして再びやってみようということになった。大人の雰囲気が今なら出せると思う。

strato-mex2.jpg
Recording:Sonar LE
Guitar:Fender Stratocaster Mexico

スポンサーサイト

出張in 長崎

2011.08.04(Thu)


BGMはBoz Scaggs “Breakdown Dead Ahead”



台風の中、唯一飛んだ飛行機乗って長崎についた私たち一行。同行するのは地域で活躍する主だった企業の代表者の面々。台風で欠航を予定していた一行としては、感慨深いものがありました。この日の会合先に着く前に、まずは腹ごしらえ。長崎といえば「ちゃんぽん!」。実に学生時代から○十年ぶり!一行の長がぜひに、と、駅前のこの店を選択。



店はやや古めかしい感じで、開店10分前だったので、まずは見本を見ながらチョイスします。圧倒的人気は某歌手の超お気に入りという「ばくだんチャンポン」。次点は「特製チャンポン」。ばくだんというのはにんにくらしいです。
nagasaki8.jpg


店内にはところ狭しと有名人のサイン。福Y雅H(6枚!)。その他にも足D裕M、森Y直太R・・・
nagasaki9.jpg


チャンポンの前に、おいしそうだったおでんを。素晴らしいコク。こんなにおいしいおでんは初めて。そしてでかい。これだけでおなかが膨れる。
nagasaki10.jpg


そしてメインの特製チャンポン。特製というのは生タマゴがトッピングされていて、ばくだんはにんにくがトッピングされています。この後の会合を控えて、私は特製にしておきました。
nagasaki11.jpg

これが意外としつこい(笑)。魚系ダシの匂いがちょっと苦手。麺は太麺、ボリュームたっぷり。私は残してしまいました。おなかを満たされた一行は会合先へ向かうのでした。会合は2時間。事務局と会計をになっている私に質問が集中!ひぇ~。ただでさえ汗かきなのに、汗だく。無事終わってぐったり(笑)。

おいしいお酒

2011.08.07(Sun)


BGMはJames Newton Howard & Friends “Caesar”



最近は仕事関係で他業種、他企業の方と飲む機会が多くなりました。

お酒の味なんてわからないと思っていました。
酔えばいいと思っていました。
最近はおいしいと感じることがあります。
このおいしさは何?
銘柄のせい?
製法のせい?
値段のせい?
肴のせい?
いえ違います。

同じお酒でも微妙に味が違うことがあることに気がつきました。
語らう相手。
この歳まで知らなかった。
出会いは仕事でも、つきあいは仕事抜き。
素晴らしい仲間とおいしいお酒。

nagasaki12.jpg

“Caesar”
James Newton Howard:synthesizers
David Paich:synthesizers and grand piano
Steve Porcaro:synthesizers
Jeff Porcaro:drums
Joe Porcaro:percussion

夏の昼下がりはアコースティックで

2011.08.08(Mon)


Extreme “More Than Words”



次回のバンド練習はアコースティックで、とリーダーのお言葉。
大丈夫かなぁ。。。久しぶり、アコースティックは。そんなわけで久しぶりにアコギを出してまいりました。
私のアコギはOvation Legend 1867、ってやつ。(カテゴリGuitar、2009.9.4で紹介しています)




まずはコード(E)を抑えてと・・・ジャラ~ン!・・・シ・ビ・レ・ル!


さて、何を弾きましょ。。。浮かばず。

久しぶりだとぜんぜん弾けません(笑)。それから弾くこと小1時間。いえ、厳密には30分ほど。指が痛い(笑)。弦はエクストラライトゲージ、010、アコギとしてはほぼ一番細いものにしているにもかかわらず。弾いているうちに指が麻痺してきます。そのうちに雑誌を読み出したり、ビデオみたり・・・。そして昼寝(^^;

ところでこのOvationのLegend、もともと良いGuitarですが生音だと音が薄い。というのもこのGuitar、スーパーシャロウボウル、って言って、ボディが極端に薄いのです。アンプで音を増幅することを前提としたGuitarです。生だと中音から低音にかけての厚みがありません。そんなわけで私としてはAdamasやTaylorが欲しいと思ってます。えっ?宝の持ち腐れ、って?ハイハイ、そうですよ(笑)。
ovation3.jpg



エレアコの心臓部、プリアンプはこんなんです。ボディ下のエンドピンがラインアウトになっていて、そこからケーブルを通じてアンプやミキサーに送ります。イコライザーで高中低をコントロールできます。Ovationは生だと高音中心の音ですが、アンプを通すとヌルっとした独特のOvationサウンドになります。ちょうどナイロン弦の音をミックスしたような。
ovation2.jpg



今日は快晴、夏の昼下がりにはアコギが似合います。


Natsu!

2011.08.09(Tue)

Jazztronik “Voyage”


大人の夏はこんな雰囲気がいい。

プロフィール

keiz

Author:keiz
仕事ばかりじゃつまらない。
週末は楽しみがいっぱい。
洋楽をBGMに素敵なひとときを。。。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2カウンター

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。