KISS  “Rock Bottom”

2010.03.01(Mon)


健康上の理由でここ数日間落ち込んでいましたが、そうもいってられないのでとりあえず前向きに考えることにしました。ま、そんなときはリフのガンガン効いたロックに限ります。

今宵紹介するのはKISS Aliveから”Rock Bottom”。私が中学3年の頃のアルバムです。初めて聴いたときに、そのクールなギターリフにガツ~ン。それまで聴いていたポップスに毛が生えたような音楽とはまったく違う、心に直接殴りかかってくるようなギターリフ。メロディなんて関係なくひたすらクール。抱えているギターは見たこともないようなファイアーバード(ポールスタンレー)でクール。当時の印象はひたすらクール。

その後の彼らは第一次世代の商業主義的ロック的に扱われていますが、もともと彼らは化粧しようがしまいが当時としては革新的なハードロックであったと思います。今聞いてもいいですねー。




スポンサーサイト

憧れのGuitarist NO.10  Takahiro Nakajima “Angelina”

2010.03.04(Thu)


以前に情熱大陸のエレクトリックアレンジで紹介した中島孝弘氏。今回はTommy Emmanuelの”Angelina”のカヴァーです。相変わらずキレのいい演奏で、私は本家の演奏よりも気に入っています。とにかく音の分離が凄い。使用しているギターはオーストラリアのMaton。使用しているのはこの二人以外知りませんが、とにかくいい音です。

しかし、この中島孝弘って人、陶酔する、っていうか、絶対ナルシストだな(笑)。でもこれだけ上手いと嫌味がないというか、格好いいね。これだけの曲をほとんどミスなしで弾ききるとは、やはりプロ、ってぇ~のはたいしたもんです。

この素晴らしい曲を、ぜひ多くの人に聴いていただきたいものです。



憧れのGuitarist NO.11 Walter Becker(Steely Dan) “Josie”

2010.03.06(Sat)


Steely Danと言えば、数多くの有名ミュージシャンを起用することで有名ですが、特にギタリストの選定には特別なこだわりが感じられます。Jeff Baxter、Larry Carlton、Jay Graydon、Dean Parks、Lee Ritenour、Mark Knopfler、Jon Herington等々。いずれも屈指のギタリストたちです。しかし、Steely Danの片割れ、Walterもギタリストです。彼がどんな演奏をするのかはずっと謎でしたが、近年、DVDや動画等で彼の演奏をみることが出来ます。私はNew YorkでのシークレットライブDVDで初めて見たのですが、彼は主にバッキングを担当しており、ソロはJon Heringtonが担当しています。その彼が、”Josie”では見事なJazzyなソロを披露してくれます。音といい、フレーズといい、素晴らしい。もっと弾いて欲しい、と思うのは私だけではないはず。彼こそがSteely Danのギタリストなのです。





ウォーキング

2010.03.08(Mon)

私の仕事はデスクワークが主です。営業に出かけることもありますが、だいたいはオフィス。そのため慢性的な運動不足。

ここ数年サイクリングを趣味にしていましたが、種々の事情により長時間は無理となり、少々落ち込んでいましたが、ジムでウォーキングをすることに。身体に無理がかからないように、小刻みに30分づつ、2クール。馬鹿にしていたこのウォーキング、やってみるとなかなか楽しい。i-podを聴きながら歩いていると楽しい。隣に若いおねぇ~ちゃんがいるとさらに楽しい(笑)。そのおねぇ~ちゃんが、手を前後に振り、ときに腰をひねったり、ときに手を上にあげたりすればさらに楽しい。まるでいっしょにハイキングしているよう。

さらに見ていると、歩き方にも格好いい歩き方があることもわかりました。ウォーキングスクール、なんていうのもあるくらいだからね。斜め前から見るのがもっとも美しく、後ろ姿や横からだとわかりません。颯爽と歩く人を見るとしばし見とれてしまう私。

そんなことを考えながらウォーキングしていると、2ターンはあっという間。マシンから降り、フロアを歩くと、まるでベルトコンベアーに乗って、前に進んでいるような不思議な感覚が味わえる。まるでムーンウォークのような浮遊感。面白い!

結局、身体を動かすことが好きなわけで、そこに音楽があればなんでも楽しめるんだね。

Huey Lewis & the News “The Power of Love”

2010.03.14(Sun)

最近、いろんなことが起きているので、土曜日は気分転換に家族でアウトレットへ。たくさん買いこんでストレス発散。今日は今日で古き友人たちとお茶してストレス発散。なんとか月曜日からの出勤の態勢はできました。いろんな問題は解決していませんが、ものは考えようです。とりあえず、明日、病院で再検査(ちょっと心配)。同時に明日からは再び自宅のリフォーム。風呂、トイレ、リビングの改装。少々不便になるし、更新もままならないかもしれません。反面、楽しみです。

本日の一曲はHuey Lewis & the Newsの“The Power of Love”。
ご存知、映画“Back to The Future”のテーマです。そして私たちバンドの練習曲。途中の曲調がバラード調に変わるときのコード進行か大好き。

(Eb G7 Cm7 F7)
They say that all in love is fair yeah, but you don't care
(Ab Eb/G) 
But you know what to do
(Fm7 Eb)
When it gets hold of you
(Ab Gsus4)
And with a little help from above

最初はコードがよくわからなかったので、弾いたふりしてて(笑)、キーボード担当に笑われていました。私のようにフォークギターのローコードから入った人にはEb、Ab、っていうのはむずかしいコードなんです。


プロフィール

keiz

Author:keiz
仕事ばかりじゃつまらない。
週末は楽しみがいっぱい。
洋楽をBGMに素敵なひとときを。。。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2カウンター

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。