この1曲!

2014.12.04(Thu)


タレントのイマルさんの有名な動画。

IMARU "Super Bass"



すこし前、話題になりましたね。
コメントが結構キツいんですが、素直にこれは凄いと思います。
どれだけの人がこれだけのグループ感をもって歌えるのでしょう。

スポンサーサイト

Paul Gilbert "Roundabout"

2014.07.01(Tue)

聴いたときに鳥肌が立つほどの衝撃を受けました。

それほどよく出来ています。


基本的には完全コピーです。原曲はYes。
ただ、この曲の凄いところはキーボードの部分もギターでやってて(もちろんギターパートも)
しかもその再現性がとても高いこと(ソロの部分はオリジナル)。
まあ、ボーカルが非常にうまいのにも閉口してしまうのですが。


そんなわけで、最高峰のギタープレイをゆっくり堪能してください。




Paul Gilbert "Roundabout" Yes Cover

Starship "Sara"

2014.04.24(Thu)


Starship "Sara"



イントロのデュアルボイス(EP+ストリングス)のエレピ、
無機質なシンセベース、
たっぷりとエコーを効かせたスネア、
透明感のあるヴォーカル、
途中から入るディストーションのギター、
と、まさに80年代のロックバラードを代表するようなサウンド。

昔なら恥ずかしくて聴けないようなサウンドでも、
歳を重ねると聴けちゃうんだから不思議だ。。。


PS. 今でもDTMをやっているとこういうサウンドに寄ってしまいます。

Journey "Lights" & "Stay Awhile"

2013.11.21(Thu)


Gleeのおかげで再び脚光をあびたJourney。
全盛期当時、あまりに売れすぎた反動からか、
日本では耳にする機会がかなり少ないです。
ときおりBGMとして耳にするのはDon't Stop Believin'やOpen Arms。
他の曲にももっとスポットをあててもらいたいと思うのです。


某米国サイトの人気ランキング
1. Don't Stop Believin'(Escape)
2. Faithfully(Frontires)
3. Any Way You Want It(Departure)
4. Open Arms(Escape)
5. Wheel in The Sky(Infinity)
6. Feeling That Way(Infinity)
7. Separate Ways(Frontiers)
8. Lights(Infinity)
9. Stone In Love(Escape)
10.Lovin',Touchin',Squeezin(Evolution)


多少の前後はあっても似たようなものです。Who's Crying Nowとか入ってないんです。Wheel in The SkyやLightsなんて、日本ではほとんど聴く機会はありませんね。でも本国では結構な人気なんです。なんといっても私が好きなのはLights。特にライブアルバムにみられる"Lights"と"Stay Awhile"のメドレーは、1つの曲?と錯覚するほど見事なつながりで、学生時代、本当に擦り切れるくらい聴いていました。


Journey "Lights" & "Stay Awhile"

Gigi Worth "Love is Where You Are"

2013.10.30(Wed)


Gigi Worth "Love is Where You Are"




ブログでDTM曲を公開するのに使用していた音楽プレーヤーのVOONがサービスを停止するとのことです。張り付けているすべての曲を他のプレーヤーツールに変更しなくてはなりません。かなりの頻度で利用していたので、移行はちょっと大変かもしれません。さらにハードディスクのクラッシュで過去のDTM遺産がなくなってしまった私にはこのVOONだけが頼りでした。このログインID、パスワード、ともにわからなくなってしまったので、修復不能かも。かなりのショックです。


そんなこともあって、当分はこの移行作業に没頭するため、新しいDTM作業をおこす余裕がありません。ま、仕事が忙しく、余裕もないのですが。。。"Little Wing"はすこしおあづけになりそうです。


本日のBGMのGigi Worthですが、本ブログでもGigi Mackenzieとして何度か紹介しています。彼女はLAを中心としたアーティストで、Christopher Cross、Kenny Loggins,Whitney Houston, Michael McDonald, David Foster等と共演しています。ボーカリストとしてだけでなく、ギタリスト、パーカッション奏者としても有名です。本曲はDiana Krallの歌ったものが有名ですが、私は彼女の声が好きです。

プロフィール

keiz

Author:keiz
仕事ばかりじゃつまらない。
週末は楽しみがいっぱい。
洋楽をBGMに素敵なひとときを。。。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2カウンター

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。