ブログの呪縛

2014.12.07(Sun)


Steely Dan "Midnight Cruiser"




今週も休みは日曜だけ。


朝一番は洋ドラマ。
それからゴルフの練習場へ。
パター練習を終えたところで友人たちにばったり。
ひさしぶりの友人たちと昼食をともにして、
その後の中途半端な時間を私はウォーキングと一人カラオケで過ごした。


いつもと変わらない休日。


自信の日記代わりに始めたこのブログも5年を超えた。
更新するのにもパワーがいる。
題材の選定、写真の加工、曲の選定、そして校正。
そんなことの繰り返しを5年間続けた。


もうそろそろそんな呪縛から解き放たれたい、と思ってマス。

スポンサーサイト

「ビブリア古書堂の事件手帖」三上延

2014.08.13(Wed)


Florida Georgia Line "Dirt"




以前は目が悪くなってきたのでハードカバーオンリーでしたが、最近は持ち運びを考慮して文庫本ばかり。しかもめがねをかけずに読んでます。訓練、訓練(笑)。


本を選ぶ基準は、本屋さんで手書きで書かれているお勧めカード。これが面白そうなら買う。ここ半年くらいはそんな感じです。おのずと流行の本ばかりとなっています。ところが、これが意外と効能が。


話題の本は話題になることが多く(当たり前ですが)、しかも若い人たちとの会話にもついていける。そういえば、日曜日、娘のフィアンセと食事した際、イニシエーション・ラブの話で盛り上がってた。その前は研修の講師と有川浩の作品で盛り上がった。


今回はこれ。三上延の「ビブリア古書堂の事件手帖」


大人気シリーズの第1弾から。このところ、いつも候補に挙がってました。主人公の栞子さんの個性が光ってますね。心静かに読めますよ。

大掃除

2013.12.01(Sun)


Bruno Mars "Just The Way You Are"




12月に入りました。
いよいよあの季節です。
一年で一番楽しく、そして辛いあの季節。


「大掃除」


子供の頃、母親が働いていたため、我が家は家族で大掃除することが当たり前でした。私と兄の役割は自分たちの部屋の掃除と窓。別に小遣いをもらうわけでなく、家族の一員として当然の役割、と思っていました。


現在我が家は5人家族。嫁、長女(社会人2年目)、長男(専門学校4年)、そして母。皆、掃除の極意を知らない。毎年のことだが、抵抗勢力(嫁、娘、息子)に何を言っても無駄。以来、大掃除は自分の役割であり、断捨離を敢行できるのは私しかいない、という結論に達した。


最も優先するは捨てること。いつか使う、なんてない。それ以上に買う。現在5位なら1年後は7位か8位だ。だから捨てる。次は使用頻度によって分ける。最も使うものは労せず出せる場所に、あまり使用しないものは奥深く、または別の場所に退避させる。今年の年末年始は最高に忙しい。ちょっと早めに大掃除を始めることにした。


最初に手掛けたのは玄関。靴があふれかえった玄関。捨てろ、片付けろ、と言えば、「お父さんの靴が一番多い!」と総攻撃をくらう。わかっちゃいない。私は靴の箱はすべてとっておくし、所有している靴はすべて把握していて、TPOにあわせて使用、もちろん使用後は手入れして箱にしまう。嫁と娘はとにかく買う。買いまくる。片付けないからどんな靴があるかもわからず、同じような機能、同じようなデザインであふれてる。高いものは買わない。だから大事にする気がない。多くなれば2段積グッズ等のお世話になる。便利といってるこれらのグッズが機能した試しはない。2段の下になったものは面倒で取り出さない。しかも片付けない。私の場合はまず全部庭に並べる。捨てる靴をチョイスして、オフシーズンのものは倉庫行、頻繁に使うものだけを収納する。大容量の下駄箱はそれでいっぱい。スカスカの状態にしたいが猛反発をくらい断念。ちょっと乱れているかもしれないが、これくらいでちょうどいい。



玄関はやや広目なので、2×4の木材を置いて臨時のシューズ置き場にしてあります。下駄箱からおいやられた箱は私のものです。私の希望としてはこの箱をズラっと並べておきたい。
oosouji02.gif


玄関アプローチを掃除したついでにクリスマスの飾りつけ。普通は奥様の役割なのだろうが、我が家は私の役目。
oosouji03.gif


お客、といえば、正月に兄夫婦が来るくらいのものだが、せめて正月くらいはきれいな我が家でありたい。
oosouji04.gif

恋とか、愛とかのすこし先

2013.05.18(Sat)

仕事で関連する団体が海外ツアーを企画しました。

40名弱の方々が集まり、今週水曜日、無事南イタリアに旅立ちました。
現役世代の方々もおみえになりますが、多くはリタイアされた方々です。

私は早朝より見送りのためにセントレア名古屋国際空港に。
これから旅立つ方々はとても楽しそうです。
一方、事務方である私たちはこれから帰って仕事です。
少々うらやましくもあります。


私の夢。
定年退職した翌日からヨーロッパ旅行に行くことデス。

こんな風に行けたら恰好いいなぁ。

日常に

2013.04.18(Thu)

Lady Antebellum "I Was Here"



すこしづつ、すこしづつ、いろんな身の回りの問題が片付きつつあり、一方では怒涛の仕事の山に埋もれそうな自分がいます。人生山あり谷あり、というけれど、ここ最近、私の周りにおきたことは、といえば、ヒマラヤ山脈とグランドキャニオン(たとえがショボすぎるのは私のボキャブラリの無さのなせる業)を往復しているような感じでした。


そんなときを私はできるだけ本を読んで気をまぎらわしていました。最近ハマっているのは辻 仁成と唯川 恵。女性に人気の作家ですね(笑)。辻 仁成は過去に1冊読んで、面白かったんだけど、読むのに疲れるのでなかなか入りこめなかった方。今年に入ってすでに3冊目。今回読んだのは「サヨナライツカ」。登場する二人の女性が対照的で、素晴らしい。このあたりの感覚は「ノルウェイの森」に似てる。そういえば、辻 仁成は二人の女性がよく出てくる。唯川 恵はストーリーにすぐ入り込める。最近読んだのは「瑠璃でもなく、玻璃でもなく」。そして今読んでいるのが「雨心中」。いずれもオムニバス調で話は進むので登場人物が覚えられないけれど、それぞれの話がきちんとつながってる。


男性に人気の作家は話の展開が早く、女性に人気の作家は心の動きを描き出すことが上手い。手元にはあと未読の本が3冊。BOOK OFFの100円コーナーで私は充分楽しめる。そろそろ仕入なきゃ。

プロフィール

keiz

Author:keiz
仕事ばかりじゃつまらない。
週末は楽しみがいっぱい。
洋楽をBGMに素敵なひとときを。。。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2カウンター

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。